ドラゴンボール 知恵袋

ドラゴンボール、鳥山3

ドラゴンボール創作者、鳥山明さんのおはなし3。

あきら4

非常に面倒くさがりということを何度も各種インタビューで答えており、『ドラゴンボール』でのデザインの逸話も有名である。超サイヤ人は髪をベタ塗りせずにすむので時間短縮になる、フリーザの最終形態も簡易にすることで作画の手間をはぶかせた(事実フリーザの面長の第3形態はすぐに姿を変えられた)、描くのに時間がかかる市街地などの背景はすぐに爆破させる(ドラゴンボールのピッコロ大魔王編やベジータ来襲時などでの話)などがある。そもそもスクリーントーンを使わないのも、面倒だからという理由である(他に「切ったり貼ったりするのは自分に合わない」とも)。

〓??〓〓〓〓

ドラゴンボール原画

しかし、そんな裏事情があっても結果的にドラゴンボールのデザインは完成度が高くセンスの良いデザインが出来上がることに鳥山氏のデザインに対する深い造詣、技術の高さが伺える。実際は相当の努力家であることも想像に容易い。


現在の少年漫画の原点を築き上げた人物であり、『ジャンプ』の作家陣には彼のファンが多数存在する。空知英秋が『鳥山明のヘタッピマンガ研究所』を読んで漫画を覚えたり、尾田栄一郎や岸本斉史が『ドラゴンボール』のファンであったり、澤井啓夫が『週刊少年ジャンプ』の増刊号に『ドラゴンボール』のパロディを描いたりする等、2006年現在、『週刊少年ジャンプ』で活躍する漫画家に多大な影響をあたえている。

また『週刊少年ジャンプ』の読者コーナーには必ずと言っていいほど未だに『ドラゴンボール』ネタが採用されている。
ドラゴンボール』の単行本(通常版11巻)では、鳥山本人と息子の写真が表紙裏に掲載された。

鳥山本人はピッコロを『ドラゴンボール』の中で一番好きなキャラクターだと公言している。また、アニメで二代目ピッコロを演じた古川登志夫もこのキャラクターを気に入っており、自室にフィギュアを飾っているという。

〓〓〓〓??

ドラゴンボール、ピッコロ

ドラゴンボールマニア必見!ドラゴンボール Z・GT・カード・ゲーム・データ カードダス王国!

ドラゴンボール 知恵袋

ドラゴンボール、鳥山明2

ドラゴンボール、鳥山明のおはなし2。

????§??

『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』の二作品は、国民的大ヒット作とも称されるほどの人気を博した。『Dr.スランプ』はアニメ化されて最高視聴率36.9%を記録し、社会現象を巻き起こした。

ドラゴンボール』はメディアミックス路線でも大成功を収め、多数のテレビゲーム、キャラクターグッズになった。1981年から1999年までは作品は違うがフジテレビ系列で毎週水曜19:00〜19:30は鳥山明の作品が放映されていた。

ドラゴンボール』の人気は世界に拡大し、アメリカではLycosの検索ランキングで1位になったこともある(アジアや欧米だけでなく、モロッコなどイスラム圏の国でも人気がある)。

世界的な知名度を誇り、特にフランスではTV放映時の最高視聴率が70%を超えたり、在仏日本大使館が毎年行っている「フランスで最も有名な日本人は誰か」という調査では、ここ数年鳥山明がトップを維持している。

〓〓〓〓〓[〓.gif

ドラゴンボール』終了以降は、長期連載でかなり大変な思いをしたこともあり、漫画家としては『週刊少年ジャンプ』などジャンプ系列誌で読み切り、もしくは短期集中連載作品を描く程度であり、漫画家としては事実上セミリタイヤ状態と言われる事もある。

ただし、実際には現在でもゲームのデザインや原作者としての版権管理などの仕事があるため、純然たる漫画家としての活動はともかく、仕事については『ドラゴンボール』連載当時ほどではないがリタイヤという言葉とは程遠い状況であると言われている。

ドラゴンボールマニア必見!ドラゴンボール Z・GT・カード・ゲーム・データ カードダス王国!

ドラゴンボール 知恵袋

ドラゴンボールの創作者

ドラゴンボールの創作者は鳥山明。

????§.gif

ドラゴンボール』 (Dragon Ball) は、鳥山明による漫画作品と、これを原作とするアニメ作品のシリーズ、及びこれらの作中に登場する架空の道具(ドラゴンボール )の名称。

キャラクターデザイナー。愛知県西春日井郡清洲町(現・清須市)出身・在住。愛知県立起工業高等学校デザイン科を昭和49年に卒業している。妻は漫画家のみかみなち(一時期、みかみ那智)。

第27回(昭和56年度)小学館漫画賞受賞(『Dr.スランプ』)。

代表作に『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)など。

ドラゴンボールマニア必見!ドラゴンボール Z・GT・カード・ゲーム・データ カードダス王国!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。